“献金”内部資料を独自入手!?

過去に社会問題となった「寄付集め」についてお聞きしました。
朝鮮カルト教祖
よく承知しています。当時、文大統領は世界的な活動の絶頂期にあり、教団は大量の寄付を必要としていました。だから、多少無理な形で寄付が行われたことも少しは知っています。これに対して、日本統一教会は2009年に「コンプライアンス宣言」を出し、「これ以上、強制的な献金はしない」ということを表明しています。
実態はどうなのか。特ダネでは、旧日本統一教会の関係者から内部資料を入手した。
日本人信者の献金額である。
1999年度から2008年度まで、年間約600億円で推移しており、2009年のコンプライアンス宣言後も、600億円近い献金を集め続けていたことがわかる。
もう一つの資料、TDは「Thanks Donation」の略で、日本から韓国の教会に送金された金額である。
2009年度からの3年間、毎年200億円以上が送金されている。また、別の内部資料には、韓国の関連財団への送金額が日付ごとに記載されており、2013年度は約132億9996万円が送金された。
HK=「還付金(ヘンキン)」30億円から20億円の範囲内
朝鮮カルト教祖
日本の信者の皆様から、大変な額のご寄付をいただきました。大変ありがたいことです。彼らのおかげで、今日の統一教会は世界的な宗教に発展し、世界を救う運動に大きく貢献したと思っています。”
さらに、この文書の「HK」の部分。これは「返金(HenKin)」という意味で、裁判の結果、教会が信者に支払った損害賠償などの金額が記されている。金額は30億円から20億円で、信者への返金は2009年度以降も続いている。
献金について、旧統一教会は番組のインタビューで「宗教法人は公表したことはなく、公表する義務もない」と述べている。