セルフレジ導入で人手不足解消のはずが、逆効果に? その事情を担当者に訊いてわかった意外な理由とは!?

従業員不足のため、セルフレジをしばらく閉鎖します」–あるスーパーマーケットでTwitterに投稿された告知文が話題を呼んでいる。もともと人手不足解消のために導入されたセルフレジが、逆に人材不足を招いているとは……。その真相に迫ってみよう。
使うか、使わないか?使うか、使わないか?急増するセルフレジの数々
当初の予定から一転
 この看板の写真は、8月24日(水)に投稿されたものです。三重県にあるスーパー「バロー北浜店」の店内に貼られていた。これを受け、インターネット上では「セルフレジの概念が崩壊している」「当初の計画を完全に覆すものだ」といったコメントが相次いだ。また、セルフレジ導入による人手不足の原因については、「万引き防止のためにレジ担当者が増えたからではないか」という意見が多かった。
 セルフレジのあるスーパーをよく利用するという男性店員は、「その店には、合計6台のセルフレジがある。
その店には全部で6台のセルフレジがあるが、バーコードが読み取れない、お金が入らないという客のクレームには、常に2人の店員が対応していた。
 それどころか
“最近、新たに2名の店員が加わり、レジの入り口に立ってお客様を誘導しています。結局、合計4人でセルフレジの番をしています。人件費も余計にかかっていますし、それだけの価値があったのかと思っています。
 全国展開する大手スーパーマーケットチェーンの担当者はこう続ける。
セルフレジを導入するかどうかは、各店舗の店長に任せていますが、通常のレジよりも高額で、店舗の休日も含めて大掛かりな工事が必要です。それに、おっしゃるとおり、万引き防止や操作説明のために、常に数人の人間がセルフレジを監視していなければなりません。”
体調不良で。
 そして、こんな問題もあります。
高齢者の多い街の店舗で導入したところ、操作を覚えるのが面倒なのか、有人レジにお客様が長蛇の列を作ってしまうのです。わざわざ導入したセルフレジだけがガラガラというところもあります。導入に慎重な店舗が多いのも理解できる。